○落としダモ

 

 東京湾の港湾や運河での陸っぱりシーバス釣りでなぜこれが流行らないのか理由が分かりません。普通のタモ網に比べると持ち運びの楽なことこのうえなく、垂直な護岸がほとんどの場所ではロープの長ささえあれば、持ち運びがじゃまくさく長さも限られるタモ網よりよっぽど役に立つことは間違いないと思うのですがなぜでしょうか。

 

 いろんな釣りで同様の物が使われていますが、私の頭には東海地方のチヌ釣り師が堤防のチヌ釣り、いわゆる名古屋釣法で使うという認識があり、東京に来てシ−バス釣りをするようになったときに、「あれがあれば便利だな。」と思い釣具屋で買い求めました。

 当時から関東ではなかなか手に入らず探し回ってリョービ製のモノを手に入れた記憶があります。これはなかなかの優れもので、枠が普通のタモ網の枠と違い太いワイヤーを樹脂でコーティングしたもので、収納時はクルッとひねって鞄に収まるし、魚が入って持ち上げるときにもぐにゃっと変形して、枠の端が護岸にゴリゴリ擦れるのを回避しやすかったです。

これは便利「落としダモ」(旧落としダモ、とっても便利!)

 

 残念ながら、この網は使っているうちに枠のワイヤーが錆びて折れてしまいましたが、枠をステンレスのワイヤーで自作して復活させて使っています。ワイヤーがオリジナルより細くなった分、流れのあるところでは若干網が閉じ気味になったりしますが、折りたたみ時には3つにたためるのでさらにコンパクトになりました。最初から自作するとしても替え網と、適度な太さのワイヤーとロープで工夫すれば好きなように作れると思います。

 先代の時は使うときには背中に背負って引っ張ると外れる金具で留めるという亀仙人のようなスタイルでやってましたが、今は二重ににたたんだままボガグリップ(註1)で腰にぶら下げています。

腰に落としダモ護岸にぴったり落としダモ(新落としダモ)

 

 なぜ流行らないのかは、ひとえにそういうスタイルの釣り人がメディアに出てこないから、つまりはこういうやり方があるということを知らないからかなと思います(註2)。

 

 なかなか優れものですので皆さんお一つ作ってみてはいかが?

 

 

 

註1)ボガグリップは「これは流行る」と思っていたら案の定流行りました。最初値段を聞いたときには、「誰がランディングの道具ごときに大1枚以上も払うか!」と思いましたが、実物を使わしてもらったとき速攻で購入を決意しました。

 極めてシンプルな構造なのに、一度魚をキャッチしたら、魚の重み自体でしっかりと魚を保持し、こちらが外そうとするまでほぼ外れることはなく、外すときは開閉させる部分のスライド一発でリリース完了。こちらが怪我する確率が格段に減り、魚の扱いも素早くなり与えるダメージも激減です。

 友達に勧めたときもほぼ同じ経緯。最初ちょっと「オレはいらんわ!」的な態度でしたが、使わせると「どこで手に入る?」と速攻購入決定。

 類似品もたくさん出てますが、やはりオリジナルが格好いいし、こんな便利な物を考えてくれた労に報いるためにも、オリジナルかちゃんとパテント料払った製品を購入したいものです。

 

註2)理由の一つはボガが格好いいので流行ったのの逆で、網を亀仙人みたいに背負うのは格好悪いというのもあるのかなと思います。ちっちゃくたたんで腰に付けるのは結構イカしてると思うのですが、どうでしょう?

 

(2008.4)

 

 新落としダモ、ワイヤーが細めなのでコンパクトにたためるのは良かったのですが、水中での開き具合がいまいち悪く、サカナを誘導するのにやや手こずってました。シーバスの場合そのあいだにバレることも多々あり、対応策を考えていたところ通販で普通の磯ダモの枠を使う、落としダモ用のアタッチメントを見つけて購入しました。

 ロープの先が3つ又になっていてそのうち一つにタモの枠のネジにナットで固定する金具がついており、他の2つの先にはクルクルッと巻き付けて固定するマジックテープがついています。ナットさえ手に入れば似たようなモノは自分でも作れそうです。

 さっそく使っていますが、磯ダモのフレームなので水中での開きは充分でサカナを誘導しやすいです。難点は持ち運びがやや面倒なことで、亀仙人のように背中に背負うか、腰からぶらぶらとぶら下げることになりますが、やや邪魔です。移動が多いときはワイヤー枠の落としダモ、移動がそれほど多くないときは磯ダモ枠の落としダモと使い分けるようになりそうです。

落としダモ(落としダモ供

 磯ダモの枠を手に入れたのでついでにカヤック用の短い柄も作りました。市販の取り付け金具に適当な竹を接続しただけですが、シーバス用にカヤックで使っている「ロキネット」は青物や根魚の時にはでかすぎるのと、遠征時には宅急便で送るのにも大きくて不便なので、折りたたんでコンパクトになる磯ダモ枠ベースのこのタモも状況に応じて使っています。

カヤック用 

(2008.9)

 

○2013年10月6日のブログから転載

WANTED

 

 泣けてくる。

 カヤックシーバスにアメリカナマズにと6年愛用していた、ロキネットを昨年最後のアカエイ釣りの時だろうと思うが、釣り場に忘れてきてしまったようだ。

 買った店に問い合わせたが、同じサイズのはもう扱っていないとのこと。ネットで調べまわってもバス用のサイズは売っているが、大きいのはない。
 縦70センチ横60センチと枠がでかく、網も深くて80のシーバスが余裕でランディングできた。
 ついでに、網地がゴムっぽい樹脂でコーティングされていて適度に太くてハリがあり、フックが刺さったり絡んだりしにくかったのも良かった。壊れそうにない丈夫さも当方好みだった。
 名前も最高だ。

 でもまあ、魚を取り込むための「良いネット」の条件はと考えると、釣れると想定される魚のサイズに対して、「枠が充分デカイ」のと「網が充分深い」の2点につきると思う。
 枠70で深さ充分だとたぶんメーター前後まで無理なく取り込める。60枠の落としダモで、90のソウギョまでは入ったが、メーターオーバーのハナザメは入れきらずに、ロープにデカいフックのジグつけて「落としギャフ」で揚げたことがある。60枠では1mがギリギリのラインで、それを超えると「収まってくれない」という感じになると経験的に思っている。
 今年の春のバチ抜けの時に80枠の落としダモを背負っていたのは、メーターオーバーのシーバス来ても獲れるようにというのと、余裕のある大きめのネットの方がランディングが簡単で早く決まるので、バレがちな春のバチシーズン良いサイズのが来てもさっさと取り込めるようにと考えてのことであった。

 以前、渓流フライマンが好んで使うような枠の小さなネットで、同居人のかけた40UPのイワナを取り込んだが、やりにくくて仕方なかった。あんなしょうもないネットなら初めから無しで、デカイのはハンドランディングした方がマシである。

 当面、カヤック用のネットは、香港でも98のアフリカンクララを問題無く取り込んだ、80枠のネットに、普段は3点ロープでぶら下げるアタッチメントつけて落としダモにしているのを、グリップつけてカヤックバージョンにして対応することにする。80枠の大きさはなかなか頼もしいが、やや華奢な枠なので、アルミの太い枠だったロキネットと比べるとちょっと頼りないかも。

 塩梅悪いようなら、最近の主流らしいゴールデンミーンのネットを買うか。ここのガンナーネットというのは枠の縦が74センチとなかなかに大物仕様で頼もしい感じだ。

 でも、しばらく房総の釣具屋でも売れ残ってないか探しちゃうんだろうな。

 人でも物でも永遠に一緒にいられないのは明白で、壊れたりなくしたりして、最後お別れなんだけど、そうは分かっていても、お気に入りの道具をなくした時の「喪失感」はなかなかに寂しく切ないのである。

 もし、ロキネット縦70の大きいヤツがどこかに売ってたら、情報提供お願いします。namajipenn-ss@yahoo.co.jpまで。入手に繋がる情報を提供していただいた方にはデッカイルアーとか差し上げます。

(2013.10.8) 

 

HOME